髪を切った話。意識が低い話。

 

先程、散髪してきました。

ここ10年ぐらいは1〜1.5ヶ月の割合で、美容院へ散髪に行っています。ずっと対人の仕事なンで、清潔感を出して、信頼度を上げる為です。

本当は、費用や時間の事を考えたら、自分でカットした方が良いンでしょうけど、ミスした時のリカバリーに自信が無いので、保険ですね。モチはモチ屋。

俺も20代の頃は、美容院で「仕事の出来るIT企業の人っぽく」とか「ゆるふわ中性ボブ」とかでお願いしていました。エンタメを求めたり、モテたいという意識があったからだと思います。

ただ、恐らく30を超えた辺りから「暑いので短めで」とか「清潔感のある感じ」みたいな、雑な注文になって来ている事に気付きましたね。今日。

何でかって、今回はとうとう「なんか適当に、お任せします」と言ってしまい、自分で驚いたんスよね。雑かよって。

同じ美容院に、そこそこ長く通っている信頼もあるンでしょうけど、身なりに気を遣わなくなって来ている兆候かもしれないっスね。

気合いを入れ過ぎなくても良い、丁度の頃合いを見付けただけだ、と信じたいです。

気が付けば32で、精神は幼稚で、ノリは若者気取りなのに、どうやら感性は少しずつオッサンに変貌しつつあるっぽいです。肩も慢性的に痛いし。

とりあえず今後は、更に意識的、積極的に新しい事に取り組んで、諸々のアップデートを怠らないよう気を付けたいと思います。

陰謀論とかニセ科学に騙されたり、若者にひたすら圧をかけるだけの、情弱の老害にだけはなりたくないですし。

(643 文字)