ゲーム理論と精子の話

ゲーム理論を勉強中である事とその進捗、精子量が気になるという2点について。

ゲーム理論の話。

昨晩より下記の本を読んで、ゲーム理論についての勉強を始めました。

図解で学ぶゲーム理論入門 | 天谷 研一 |本 | 通販 | Amazon
Amazonで天谷 研一の図解で学ぶゲーム理論入門。アマゾンならポイント還元本が多数。天谷 研一作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。また図解で学ぶゲーム理論入門もアマゾン配送商品なら通常配送無料。

現在ゲーム理論の概論、基礎、ナッシュ均衡についての学習が終わった所です。まだ折り返し地点手前で、これから応用に入っていく所ですね。

これまでの勉強で、問題とか数式を解くような、いわゆるアカデミックで研究的な、専門的な力はあまり付いてないと思うんスけど、考え方は非常に応用が効きそうで、要はこの本にも書かれているような「新しいモノの見方」が身に付いてきている実感があります。今まで漠然と「これは自然とこうなるのでは?」みたいに経験から来ていた、知識や予測が、理論的に裏付けされる心地良さと、その応用で更により良い状態を目指す事が出来そうで「ゲーム理論スゲェのでは……?」と期待してます。

内容も難しい数式がほぼ無く、図解で非常に分かりやすく、しかも学んだ後に自然と出てくるような疑問が、すぐ次のページで氷解していく上に、読み物としてもワクワクする面白い展開となっている、名著だと思います。

元気チェッカーの話。

先日贈って頂いた元気チェッカーを使った結果、精子の数が少ない気がしていたンで、もしかしたら採取量が少ないんじゃないか、と思って、溢れ出んばかりに、メッチャ検体量を増やしたんスけど、やっぱり少ない気がしました。

とは言え、ある程度数があって生きているなら、あとは運動量だと思うンで、やや心配するところはあるんスけど、いざという時にはエビオスを始めようと思います。

下記にツイッターにもアップした、精子観察の動画を貼っておくので、見たくない方は飛ばしてください。

筋トレ。

最近サボりがちなンで、もう、やってない事を書いて、後から罪悪感でやらざるを得ない状況にしようと思います。

この後、ダンベルフレンチプレスを限界まで、2セットやります。

最近のエンタメ

Gladiabots:最近しばらくプレイしていなかったのを再開したら、ランクがダイヤまで落ちてしまった。プレイヤー人口の増加と、システムの変更が原因ぽい。プログラムにかなり修正が必要そう。

(1024 文字)

タイトルとURLをコピーしました