2020年の初夢

2020年の初夢は、架空のセーラームーンのゲーム大会で初戦を突破する内容だったという話。

 

ついさっき初夢を見たんスね。

どこか知らない狭い会場で、セーラームーンのゲーム大会に参加している夢でした。

ゲーム画面の見た目、特にドットの雰囲気は、実際にあるスーファミのセーラームーンの格ゲーみたいだったんスけど、何故かターン制の、完全に別の架空のゲームでした。

自分は髪の黒いセーラームーン(詳細不明)を使っていました。相手のキャラクターは覚えてないんスけど、プレイヤーが20代後半くらいの女性で、たぶん初心者だったと思います。

試合が始まると同時に、俺は「このゲーム知らねーぞ!」と言いながら、ゲーム内の技表を見たんスね。

このゲームは普通の格ゲーのようにも動かせるンですが、技表を上下にスクロールし好きな技を選んでも戦えるシステムらしく、勿論それを使いました。

ちなみに技表では、各技がどういう攻撃をするのかという画像が3〜6コマくらいで左から右に表示されていて、非常に分かりやすかったです。

選んだ技は緑属性(詳細不明)の5回コンボの技だったンですが、相手が遠くに離れていたせいで、こちらの攻撃はただ空を切りました。

相手の攻撃は覚えてないんスけど、たぶんあちらも攻撃を外したのか、もしくは極めて弱い攻撃だったンじゃないかと思います。

2ターン目。俺は必殺技を使うかどうか、かなりの時間悩んだ挙句、結局使う事にしたんスね。

で、ここでどれくらいコスト(詳細不明)を支払うのかを選べたンですが、ほぼ最大まで使う事にしました。

すると黒髪のセーラームーン?が宇宙戦艦みたいな銃を虚空から取り出し、画面の半分くらい埋まるようなレーザー光線を撃ち始めたんスね。

マーベルvsカプコンシリーズのアイアンマンが使う超必殺技みたいなやつです。

YouTube

↑6分43秒あたりから見られます

相手キャラクターに9999のダメージが入り、勝ちました。

相手のプレイヤーは「やっぱりダメじゃん〜」みたいな事を言ってました。

こうして無事に初戦を勝ち上がりました。

 

おわり。

(907 文字)

タイトルとURLをコピーしました