映画感想:「メッセージマン」(字幕版)2019年

個人的評価 ★★★★★ 4.7(0.0~5.0で評価)

メッセージマン(字幕版)
メッセージマン(字幕版)

みどころ

  • 巻き込まれ型の主人公(+α)が圧倒的に強く、悪は滅びる
  • 地味な展開を突然裏切ってくる緩急の塩梅(特に武器と情報に関するテクノロジー)
  • 刃物の描写がえげつない(生々しさを感じさせるような殺傷方法)

あらすじ

訳アリな男が、立ち寄った辺境の村で分かりやすい「悪」に巻き込まれる。

レジェンダリーな経歴を持つ主人公は復讐を誓い、過去の因縁も清算する。

感想

地味な物語が続くと思っていたんスけど、突然始まる殺伐とした展開と戦闘に加え、急にやって来る近代的な戦闘システムが、良い意味で裏切ってきて、かなり心地良い映画でした。

全体的に登場人物がどんどん良い味を出してくるんスけど、特に物語後半で参戦する善良なドライバーと、強力無比なヒットマンはみんな大好きになるンじゃないですかね。

終盤から最終戦のクラブまで流れるテクノのBGMは、シンプルながらも泥臭くドープで、それがテンプレみたいなクライマックスを分かりやすく盛り上げ、最高潮のまま後味も良く物語が終わるのが、本当に完璧でした。

強いて言えば、序盤の地味さが残念でした。ストーリー展開やキャラの深みを持たせる為には必要なンでしょうが、途中で視聴を打ち切ろうかと思うくらいでしたね。結果として、切らなくて大正解でした。

あとはラスボスのパッとしない設定でしょうか。カタルシスの為には、もう少し深みが欲しかったように思います。

おわりに

ここ最近ではトップクラスのオススメ映画です。

ジョンウィックが好きな人は是非。犬が死ぬ描写は無いです。

(682 文字)

タイトルとURLをコピーしました