来年の確定申告への備忘録

確定申告書類の作成にあたり、色々気付いた事、忘れていた事があったので、来年度提出分に備えてメモしておく為、記事にすることにしました。

 

用意しておくもの

食料と水分:余計な買い出しで時間をムダにしない為に

コーヒーと甘味:予め摂取すると存外進む

休み:3日くらいあると良い

バインダー:入力済レシートをまとめる用。6個ほどあれば十分

大量の領収書とレシート:当然手間は掛かるものの、積極的に経費で落としておくべき。

全てしっかりと分けられている状態:しっかり分けておこうな

 

開始にあたっての心がけ

前年度のエクセルファイルを、面倒くさがらずに予め確認して、マネする

レシート1枚の整理だけでも、いったん始めると進む

具体的な日付、時間、場所、やる内容などを、可能な限り詳細に予定に記しておくと、実現可能性を高められる

単純作業を始める時は何かBGMがあった方が取っ掛かりに良い

そもそもレシートは分けておこうな

 

当日実際にやる作業

売掛(各問屋)の記録入力

現金での売り上げまとめを入力

クレジットカードで購入されたモノの仕訳

自動インポートされたデータ(特にクレジットカードでの売上金)を重複しないように仕訳、登録

棚卸の金額を入力(借方:商品、材料など任意のモノ 貸方:期商品棚卸高)

家事按分を入力(MFクラウド確定申告だと、科目によって自動的に仕訳される)

レシートを分ける(ちゃんと分けておこうな)

レシートで未入力のものを入力

減価償却データを入力

印刷(2+4枚)→マイナンバー、(あるなら)源泉徴収表などを貼る→計7枚を封筒に詰める→直接税務署へ行く or 郵便局で郵送

 

今後の生活で意識すべきこと

経費で落としたい内容は全てクレジットカード決済で、くらいの強い気持ちで臨む

黒字を減らす為に積極的に何かに投資しても良いかも

レシートをもらう度にちゃんとアプリで入力して、まとめておこうな

e-taxの登録を面倒くさがらず、早めに申し込む

ふるさと納税のことをすっかり忘れていたので、年末にちゃんと確定申告を終わらせて申し込みたい

 

気になったこと

「マイナンバーカードの写しがイヤなら、一度税務署に行ってe-taxの登録をしろ」という仕組みが謎。

せっかくのマイナンバーというシステムなのに写しが必要なのは意味が分からないし、家から出なくて良いはずのe-tax送付なのに一度は税務署に行かないと出来ないし、どちらも非効率的。

間違える人が多いから?

 

今後e-taxじゃないと控除が減るらしいのは別に良いけれど、添付書類をどう扱うようになるのか全く分からない。

(1052 文字)

タイトルとURLをコピーしました