8BIT MUSIC POWERについて

はじめに

8BIT MUSIC POWERがついに発売されました。

(FC/FC互換機用) 8BIT MUSIC POWER (8ビットミュージックパワー) (FC/FC互換機用) 8BIT MUSIC POWER (8ビットミュージックパワー)
No Operating Systemコロンバスサークル
売り上げランキング : 76Amazonで詳しく見る

しかしながらオフィシャルサイトには「具体的に何が出来るのか」「ソフトを起動してどういった操作があるのか」といった詳細が載っておらず、迷っている人がいるかもしれないと思い、今回記事にしてみました。よろしければ当記事をご覧ください。

8BIT MUSIC POWER概要

8ビット機を使ったチップチューン音楽アルバム”カセット”です 「8BIT MUSIC POWER」はゲームではありません。チップチューンアルバムです。音楽CDをパソコンやオーディオに入れて聴くように、ゲーム機本体にカセットを入れて音楽を再生させます。8ビット機なのにプロモーションビデオ的な表現に特化しました。基本的には操作せず、画面を眺めながら楽しんで下さいませ。

以上、本ソフトを制作した、イラストレーター・漫画家のRIKI氏のオフィシャルサイトからの引用です。簡単に言うと「ファミコン/ファミコン互換機」で再生する音楽アルバム(ビジュアライザー付き)です。

これの何がスゴいって、参加メンバーが本当にスゴいんです。

詳しくはオフィシャルサイトの真ん中やや下あたりに書かれたメンバー情報をご確認下さい。どうやって集まったのか分からないんですが、本当にヤバイ。個人的に自分の大好きな「スターソルジャー」「ボンバーキング」の作曲された国本剛章さんが参加しているということが、もう、もう・・・

さらに加えて凄いのはROMカートリッジ仕様の商品が堂々と大手を振って販売されたということ。「ファミコン互換機」という名目を使えば今後も新作ソフト(任天堂非公認)が販売される事があり得るという、面白い未来が・・・(たぶん)

内容について

2016-02-01 06.52.51

ブツ

内容物は

「箱」

「カートリッジ」

「説明書」の3点。

カートリッジについては一般的なファミコンカセットと同じようなサイズ。

起動の感じは以下のデモ動画をご覧下さい。

操作で出来ることは

「曲の選択」

「各パートの個別ミュート」

「ビジュアライザー表示」

「背景で流れているスプライトオブジェクトの種類・速度・向き・数の変更」

「CPU負荷を表示」

「ミニゲーム」といったもの(ビジュアライザーで表示される女の子がめっちゃ可愛い)

各パートの個別ミュートをいじっている途中でも、自動的にビジュアライザー画面へ遷移するのが個人的に少し残念・・・

ちなみにモード切り替えがちょっと複雑で、タイトル画面からAボタンを押す度に

「タイトル」→「曲選択」→

「パート別の画面」→「個別ビジュアライザー(グラフィック表示・スタッフ一覧の2種類を決まったパターンで表示?)」→「パート別の画面」→(ある程度スキップされるまで繰り返し)

(ある程度スキップされたら)→「タイトル」(次の曲が流れる)

といった遷移をします。

スキップを使うとBGMはスキップされず、画面だけがスキップされます。画面スキップが最後まで行くとBGMが途中でも次の曲へ移るっぽい?です。よく分かってないです。。

ミニゲームに関してはBGMそのままでプレイ可能。流れているBGMの番号=難易度となっていました。

ミニゲームは2種類あり、それぞれ「時間内に指定数を集めるもの」&「時間一杯避け続けるもの」という内容。どうやら遊ぶ度に交互に切り替わる模様。

クリアしてもYEA!みたいな画面が表示されるのみで、他に特典は無いみたいです。

2016-02-01 21.45.42

集める系ゲーム

2016-02-01 21.45.50

避ける系ゲーム

またタイトル画面から「操作説明の確認画面」「オプション」も選択可能。

オプションでは

「ミニゲームの種類・難易度を事由選んでプレイ」

「使用グラフィックの閲覧」

「各BGM・使用SEの再生(ループせずに)」

「デモモード(よく分かってないです・・・店頭用?放置してもずっとスタッフ一覧表示が続く?)」

「クレジット表記」がありました。

動作環境について

どうやらファミコンの種類によっては動かない事があるとのことですので、ご注意下さい。Amazonの商品説明欄には以下の動作報告がありました。

弊社商品「エフシーポケット(FC POKET)」、「エフシーコンパクト(FC COMPACT)」、「エフシーコンボ2(FC COMBOⅡ)」、「レトロトライ(RETRO3)」に関しましては動作確認済みとなります。他社FC互換機は、動作保証対象外となります。

(FC/FC互換機用) 8BIT MUSIC POWER (8ビットミュージックパワー) (FC/FC互換機用) 8BIT MUSIC POWER (8ビットミュージックパワー)
No Operating Systemコロンバスサークル
売り上げランキング : 76Amazonで詳しく見る

またAmazonのレビューに参考になる内容がありました。

純正(赤白ファミコン)
・初期(ゴムボタン)型  起動
・中期(まるボタン)型  情報求む
※カセット受口が全て青いプラスチックなら起動の可能性が高い。銀枠が有れば注意。
・後期(FFマーク有)型  不動
ツインファミコン
・前期型(連射機能無) 起動
・後期型(連射機能有) 不動
NEW(AV仕様)ファミコン 起動(音質的にも推奨)

2016-02-01 21.45.05

自分の環境:FFマークがついてない中期赤白ファミコン(受口青色)・及びNEWファミコンでは動きました

当方環境では「画面が付くも無音」という現象がありましたが、何度か試したら無事に再生されました。

また、現在「レトロフリークでは動かない」という報告があります。こちらも合わせてお気をつけ下さい。

※以上の情報は真偽不明ですので、全てご自身の責任でお確かめ下さい

21年ぶり・・・?

ちなみに巷では本作品が21年ぶりの新作と言われていますが、正確には「完成品ROMカートリッジ仕様で発売されるのが21年ぶり」です。

任天堂の公式ライセンスを取ったファミコン最後のソフトは依然として1994年に発売された「高橋名人の冒険島IV」ですし、非公認だと既に「Mr.SPLASH(GIZMODOの記事参照)」とか「BLADE BUSTER(公式サイト)」に加え、同作者RIKI氏の「キラキラスターナイト(公式サイト)」などがあります。

以上3点はいずれも実機でプレイするに当たり手間が必要なので、完成済カートリッジな本品が「21年ぶりの新作だ!」と言われるのも妥当かもしれないですが・・・。

最後に

というわけでツラツラと書き連ねて来ましたが、参考にして頂けたなら幸いです。まだ購入されてない方は急いでポチって一緒に楽しみましょう。(加えて今後のファミコン新作にも期待しましょう!)

またLIVEイベント(https://akibap.com/community/475/493)がある模様です。2016/2/1の23:11 の現時点で残り22席、参加出来る方はお早めに申し込みをどうぞ!

加えて「藤本健の“DTMステーション”」にRIKIさんと塩田信之さんのインタビュー記事がありましたので、こちらも一緒にお楽しみ下さい!

チップチューンの究極!?新作アルバムをファミコンカセットでリリース!「8BIT MUSIC POWER」がスゴ過ぎる! : 藤本健の“DTMステーション” 

あ、肝心の本作品の感想ですが、はっきり言って「最高でした!」

(FC/FC互換機用) 8BIT MUSIC POWER (8ビットミュージックパワー) (FC/FC互換機用) 8BIT MUSIC POWER (8ビットミュージックパワー)
No Operating Systemコロンバスサークル
売り上げランキング : 76Amazonで詳しく見る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加