オーダーメイドシャツ Original Stitch を試してみた

概要

Original Stitch というネットのオーダーメイドシャツを試してみた

存外良かったがコスパは最善かどうか分からない

はじめに

Original Stitch という「ネットでオーダーメイドのシャツを作れるサービス」をネットサーフィン中にどこかで知った。たぶんグノシーだと思う。

調べてみると同様のサービスは結構あるっぽいけれど「シリコンバレーから上陸!」「今なら2000円OFF!」みたいな売り文句にあっさり流されてしまった。情弱かよ。

ちなみに俺の招待リンクから購入すると、お互いに¥2,387相当(2015 7/13追記:円安の影響で¥2,455になっていました)のポイントがもらえてハッピーになれる。たぶん$20?ということだろうけど、なんともキリが悪いポイント。俺にポイントが入るのが嫌な人はこちらからどうぞ → Original Stitch

前々から「無難だけどフィットするシャツが欲しい」と思っていた俺は、シンプルなYシャツをデザインした。

特徴まとめ

1.普通にその辺の店でオーダーメイドするより安い

2.選べる種類はめっちゃ豊富

3.3Dデザインが見られる

4.サイズ間違いの返品が可能

5.スマホで頼める

このなかの特に4が効いたので試してみた。

その前にオーダーシャツのよさを

オーダーシャツは本当に良い。

まず、サイズがフィットしているだけで見た目が良くなる。

加えて、気持ちが落ち着くし、心に余裕が出来る。

最高。

知らない人は安いシャツでも良いからすぐに試そう!ほんと最高!

合わなかったらごめんね・・・

相場

その辺の百貨店とかに行くと1万前後はする。

ネットでオーダーすると、安い生地で大体3~7千円といったところ。

もちろん質によってもピンキリだけど、リアル店舗よりは比較的安い。

そしてOriginal Stitchはその中でも7千~1万円前後する高級志向。

思考をロックし、安易に「高かろう良かろうだろう・・・」と考えた。

採寸

「素人が自分で採寸とか調子乗ってるの?」と某Yの知恵袋で見かけたので、とりあえず無難に、安直に、イージーサイズで身長と体重だけを入力してみた。

(ただ、自分は平均的な人より胸が凹んでる体質なので、何となく-1cmに設定してみた。)

ダメだったら代えてもらおう、という甘い考えで頼んだ。

意外とサイズミスを許してもらえないところが多いけれど、ここは明るく対応してくれそうだったのでゆるして!

到着

そして大体3週間後の今日、届いた。

2015-04-21 19.16.52

ダンボールにきっちりはいった箱

まるで今後の俺のフィット感を示唆しているかのようにダンボールにハマった箱。

そして試着してみると・・・

まさかのジャストサイズ・・・!

(ちょっと着丈が長かったことには目をつむる)

肌触りも良かった。最高!

ヤッター!!!!!!

まとめ

いったんサイズが分かればあとは服を買いに行く服が無くても安心できる、次世代のサービス。本当にオススメ。

ただ、Original Stitchはそこそこ良い値段がするので、他のサービスを試してみるのも良いかもしれない。

ちなみに3D表示はうーん??といった感じ。あったら便利かもしれないけど、そこまで効果的には感じなかった気がする・・・(白いシンプルなシャツだったからかも)

(再)そして俺の招待リンクから購入すると、お互いに$20相当のポイントがもらえてハッピーになれる。俺にポイントが入るのが嫌な人はこちらからどうぞ → Original Stitch

!注意点!

アメリカらしいカジュアルにバイラルを仕掛けてくるサービスなので

俺の名前が出現して実際ビビる

俺の名前が出現して実際ビビる

こんな感じに「登録されたこと」や「デザインされたシャツ」がサイトのフィードに表示されてしまう。

なんとなく嫌な人は右上から設定画面へ行き、

設定

設定

この2点のフィードのチェックをはずした方がいい。

急にフィードに出てきたらなんか気恥ずかしい。

実際、俺はこれに気付かずデザインを試行錯誤した結果、失敗した恥ずかしいシャツがフィードに3連続で流れてきたし、センスの無さを露呈してるみたいで死にたくなったし、慣れるまではフィードのチェックをはずした方がいいです、マジで。

おまけ

自分がデザインしたシャツを売ったりできるので、センスのある人は試してみると良いかも?(ユーザーがデザイナーシャツを購入する際は、通常より割り増しの値段になり、その割り増しの分がデザイナーに入る)

2015.5/22追記:デザインシャツ作ってみた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加